ビオチン療法 やり方

■ビオチンとは?

ビオチンは哺乳類では生合成ができないので食品から摂取する必須の水溶性ビタミンです。(ビタミンB群の一種)
腸内細菌によっても合成されますが、その合成量だけでは生体における必要量を維持できないと言われています。

ビオチンは、補酵素として働き、その酵素反応は糖新生、分岐鎖アミノ酸、脂肪酸合成、エネルギー代謝などに関連しています。

ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

■ビオチンが不足すると、どのような症状が起こるのか?

○ 掌蹠膿疱症
○ 急性・慢性湿疹(アトピー性湿疹・主婦湿疹など)
○ 尋常性乾癬
○ ニキビ
○ 酒さ
○ 花粉症
食欲不振、吐き気、悪心、うつ症状、舌炎、蒼白、乾燥鱗片皮膚炎、筋肉痛、結膜炎、脱毛、運動失調、緊張低下、ケト乳酸アシドーシス、有機酸尿、けいれん、皮膚の感染、知覚過敏などが起こることが知られています。

■やり方

1日分の目安、各1/3量を毎食後に服用する
○ビオチン 15 mg (※ 5 mg のカプセルを使う場合)
○ミヤリサン錠 12錠 (=宮入菌末 120 mg )
○ビタミンC 1 g

■おすすめ商品

■注意!

  • 生の卵白を摂りすぎない。
  • タバコを吸わない。

■皮膚の関してのその他の情報

皮膚は内面的、身体的、心理的、精神的に何が起こっているのかの反映します。

もし肝臓が鬱血すると、皮膚に目に見える影響が出てきます。

皮膚はコミュニケーションに関するテーマも反映します。

■皮膚が持つ思考パターン

・ 愛情を示すこと。
・ どのように世界は私たちを理解するか。
・ 刺激(物)・苛々したり怒ったりすること。
・ 他人のボディランゲージの理解。
・ コンフォートゾーン(快適な距離間)
・ 触ることの認識。
・ 誰かとの接触についての正しい認識。
・ 変化についての思考パターン。
・ 愛してもらうことを受けとめられることの確認。
・ 体についての愛と受容。
・ 美への反映/美の問題。
・ 美があなたを弱く/強くする感覚。

 

おすすめの本・ウェブサイト